読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SR_OjyukenのSRお日記

4回目の社労士取得に向けて頑張ってます! 情報交換などできればと思っています。。 完全合格コースの大原通学生。 。。年金アドバイザー3級

合格発表後の雑感

これが最後の投稿です。

 

昨年の合格率が史上最低の2.6%だった事から今年は高いのではないかと言う安易な発想で1年何もしてなかった社労士の勉強を再開しました。

 

浦島太郎ではありませんが、1年やってないだけで難易度が極度に上がっていて別世界のようでした。

いろいろ考えましたが、大原の通学にしました。

今まで通信だけでやってましたが、同じものを目指している人に囲まれて緊張感を忘れずいたいと思ったからです。

 

自宅と病院の往復をしてるだけの私は人に囲まれて模試など慣れておく必要がありました。

 

11月から講義が始まり、12月に入り講師に相談をしてました。

その後も何度も相談しましたが、はっきり言ってピンと来る答えは返ってくる事は8月になってもありませんでした。

講師が力量不足なのか大原の方針なのかわかりませんが。。。

 

3月から1ヶ月ほど入院してしまいます。

血栓ができてしまいました。

抗がん剤の副作用で嘔吐している最中に気を失ったり、顔が異常にむくんだり、呼吸ができなくなったりして緊急入院でした。

4月の中頃まで入院してましたが、この時に受験を辞めようかと悩みました。

もし合格をしてもこの状態では業務ができないのではないかと思いました。社労士法にも規定がありますよね?

いろいろ自分なりにベッドの中で考えた結果、とりあえず受けてから考えると言う結論を出し、勉強は続行する事にしました。

もうやらなくていいのでは、と母は言ってましたが。。。

 

ここから遅れてた分を取り戻すべく有料の映像フォローで5〜6月は通ってました。

講師からフォローは皆無でした。

 

7月に入ったら総仕上げと言う事で答練でした。

この時に感じたのが、大原が急に詰め込み体勢になった事ですね。

普段の講義では覚えなくていいですと言ってたような事が出題されると大変なのでと言ってくるようになり、最初は優しく近づいて本性を出すような印象を受けました。

 

この頃から社労士に対するモチベーションが落ちてきました。。。

 

勉強とは別に現役社労士の方にお会いする機会が何度かありました。

正直、この人スゴい!と思うような人には巡り会えませんでした。。。。人当たりはいいんですけど、たまたま合格したからやってますみたいな感じでそんなもんなのか思ってしまいました。

 

あと社労士事務所で働いている方のお話など聞いてしまい、う〜んと思ってしまいました。。。

 

今回で社労士受験は封じようかなと考えています。

これまで感じていた疑問とある方のツイートを見て決めました。

その方はツイートを公開されてないのですが、こんな事が書いてありました。

先に受かってる人が幅利かせている業界で連合会を潤わすのは・・・と言った内容でした。

私の感じてた事を端的に代弁して頂いた気がし、客観的にそうであれば登録してからの事が思いやられそうでした。。。

 

あとは病気が進んでる事もあります。

病院で受けられる治療も手がなくなってきました。

 

そこのリスクを負って社労士業界に飛び込めるかと言われた時に胸を張ってイエスと言えない自分がいました。

 

世の中的にニーズが高まってきてると言われながら急に敷居が上がったような気がして大丈夫なのかなと。。。

 

今回の不合格で悔しさは、まだ込み上げてきてません。

思えば一番悔しかったのは1年目の時でした。

何でこんなに頑張ってるオレが受からないんだと感じてました。当時は会社員でしたが、出社前・昼休み・帰りに勉強してバンド練習行く前にも勉強して家でも勉強してどうしてなんだ!と思ってました。

2年目以降は変に慣れてしまいました。

 

本当はガンで治療しながらでも受かるんですよ!と自分で証明したかったのですが、力及ばずでした。この1年、身体さえ動けばと思ったのは1度や2度ではありません。

他のどなたかが証明してくださればと思います。

 

と言いながらも再挑戦する気になるかもしれません。

とりあえず今は封印して少なくとも今年はおとなしく2016年を終えたいと思います。

 

最後にこれだけ。

 

先日、がん患者の集まりに行ってきました。

そこでは病気であると言う事で自宅待機させられたり過度に業務を振られたりパワハラを受けている人の話を聞きました。病気でありながらも生活費以外に治療費も稼がねばなりません。

好きで病気になったわけではないのに不当な扱いを受けて泣き寝入りしている人がたくさんいます。

 

私はガン患者の立場から社労士として支援をしたいと思っていましたが、願い叶わず自分の病気と向き合わざるを得なくなりました。

 

これから社労士になる皆さんで最後までお読みくださった方は世の中には、病気とパワハラのWパンチで苦しんでる人たちがいると言う事を知って頂ければと思います。

 

 

Twitterのアカウントはどうしましょうかは考えます。

だらだらTVの実況ツイートとかするかもです。。。

 

皆さん、ありがとうございました。

合格された皆さん、おめでとうございます。

不合格の皆さん、お疲れさまでした。

 

最後にここまで着いて来てくれた自分の身体に感謝したいと思います。

 

あ、でも桑田佳祐の年越しライブの抽選に当たったので踏んだり蹴ったりではないみたいですw

 

#srjuken #社労士 #社会保険労務士 #社労士受験

広告を非表示にする